プライベートな方法

恋人との間に極々プライベートな連絡方法をひとつは持っておくべきでしょう。
デリケートな話題の場合、実際に会って話すことがもっとも大切ではありますが、どうしてもそのための時間が取れない場合などは、日頃から頻繁に使用しているメッセージ用のアプリやSNSではなく、恋人専用に用意したメールアドレスを使用することをお勧めします。

どうしてわざわざ新たにメールアドレスを用意しなければならないのかと面倒に思われるかもしれませんが、それは、二人の関係をより親密にするために「特別」を用意するということが大切だからです。
出会いから間もない時期は、互いに対する思い遣りや労りの気持ちをさまざまな形で表そうと努力したはずです。
メールアドレスを取得して、「恋人専用」とするのも、そうした心遣いの一種だと考えれば納得出来るのではないでしょうか。
恋人から「特別」扱いをされれば、誰でも嬉しいものです。
特に、出会いから間もない時期にそうした扱いをされると二人の関係はぐっと深まるでしょう。
恋人に「あなたは特別な存在だ」と示すことはとても大切なのです。

ただし、メッセージ用のアプリやSNSを利用することが悪いという訳ではありません。
デートの約束をしたり、ちょっとした相談やおしゃべりをしたりするためには手軽で、とてもいいコミュニケーションツールだといえます。
かわいい絵文字やスタンプなどを使用すれば、会話も弾むことでしょう。
ですが、洋服にカジュアルなものとフォーマルなものとがあるように、日常会話のためのツールとは別に、改まった用件を伝えるためのツールを用意することも実は大切なポイントです。
そのアドレスを使ったメールが届くだけで、「大切な話をしようとしている」ことが相手に伝わりますし、そうして届けられたメールには、特別な気持ちが込められているのだということをすぐ理解してくれるでしょう。

SNSでもメッセージ用のアプリでも、「二人きりの空間」を作ることはできますが、それらはあくまでカジュアルな感覚のもので、「特別感」を表すことには向いていないのです。
大切な思いや心遣いを伝えるためには、特別なツールを用意するのがお勧めです。