大切だという想い

良い出会いに恵まれて恋人ができたなら、フリーメールでも構わないので「恋人専用」のアドレスを作ることをお勧めします。
なぜなら、恋人との距離を縮めてくれる効果があるからです。

「専用」や「限定」といった響きは、人に「特別感」を与えてくれますし、恋人という関係の相手であれば「大切にされている」と思ってくれるはずです。
そのため、恋人ができたら、まずは新たにメールアドレスを取得して自分にとって相手が特別な存在であるとアピールすることをお勧めします。
「ホットライン」という言い方をすれば、より「特別感」を実感してもらうことができるかもしれません。

もちろん、実際に労わったり思いやったりすることも大切ですが、そうした部分で相手への特別な気遣いを示すことは関係を深めてゆくためにとても有効でもあります。
出会いから間もない時期は、態度だけでなく、目に見える形で相手にそうした気持ちを伝えることが大切なのです。

スマートフォン用のアプリがきっかけで交際を始めたという人の中には、引き続きアプリ内に用意されているコミュニケーションツールを利用しているという人もいるかもしれませんが、今までと同じ日常の延長では人は「特別感」や「細やかな心遣い」を感じにくいものです。
やはりここは恋人のためだけに連絡手段を用意してアピールするべきでしょう。

また、用意したアドレスを伝える際には、「特別な気持ちを伝える時に使いたいと思っている」ということも一緒に伝えておくのがお勧めです。
それもまた、「特別感」を持ってもらうためであり、それを介して連絡をする時は、なにか大切な気持ちを伝えようとしてくれている時なのだと意識してもらうためでもあります。
「特別な想い」を伝える時のためのツールを持っておくことは、誕生日など記念日のメッセージを送る時や、二人の将来についてのメッセージを送る時などの嬉しいことに限らず、関係を修復する際にも役立ってくれることでしょう。