気持ちの表し方

出会いを経て交際へ進むと、「恋人を大切にしよう」「労わったり思い遣ったりしてあげよう」と普通はそんな風に思うものです。
特に長い間恋人がおらず、良い出会いの機会を待ち望んでいた人などはそうしたいと思う気持ちも強いことでしょう。
ですが、ブランクがあったからこそ、どうすれば相手への気持ちを表すことができるのだろうかと、悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

近頃は出会いアプリなどで簡単に異性との出会いの機会を作ることができますが、いざ交際の段階へと進んだところで、「勘」を取り戻そうと慌てる人も少なくないかもしれません。
なぜなら、アプリを使って異性にアプローチをすることと、恋人と長く良好な関係を続けるためにするべき気遣いや心遣いとは種類が違うからです。

アプローチとは「目標に近づくこと」であることから、相手の関心を惹くことがメインとなりますが、長く良好な関係を続けるためには、互いの人となりをしっかり理解しなければなりません。
相手を気遣う際も、こちらが理解しようと努力しているのが伝わることが大切で、それが見えなければせっかくの心遣いも水の泡になってしまうのです。
まずはそうした努力から始めるべきでしょう。
お互いに人となりが理解できてくれば、どういう時に気遣うべきか、労わるべきか分かってくるようになるので、そうしたら、より良い気持ちの表し方について考えてみましょう。

気持ちを表すには、言葉にする方法と、文字にする方法とがあります。
どちらが有効かは、その時々によって変わってきます。
過去に言葉で伝えたことであっても、改めてメールで伝えてみてはいかがでしょうか。
喜んでもらえた言葉を文字にして送っておくと、恋人は何度もそれを読み返してくれるでしょうし、その度に言われた時の嬉しさがよみがえってくるものです。
「心遣いをしてもらった」という嬉しさは、あなたへの愛情を募らせてくれるでしょう。

特別な日のメッセージやケンカをしてしまった際の謝罪などは、日ごろ何気なく使用しているメッセージ用のアプリやSNSを介して伝えるのではなく、メールにしたためて送ることをお勧めします。